ある大学生のえとせTOららら

世の中に何かいいことを伝えたい純粋な青年

OSAKE

酒には飲んでも飲まれるな。

 

よく聞く言葉だ、私は先日友人とお酒を飲んだはずがお酒に飲まれていたのだ。

 

すごくしんどかった、ひたすらしんどかった。

頭が痛く、気持ちが悪い、、、。

戻すことはなかったがひどく悪い夜だった。

 

そんな次の日のインドカレーはうまい。

マンゴヤンラッシーを片手にカレーを食べる、今日はお酒に飲まれまい。

 

 

 

ナウマンゾウの家族が離婚した。

最近の考え事

最近は何も考えていない。

思考が働かない。いわゆる頭がまわらないのである。

 

しかしそれは矛盾であって、何も考えていないということを既に考えているのである。

 

元カノに上げたペアリングを別れを告げたときに返されて、家の中に放置していた。

なんとなくそのことを思い出し質屋に向かった。

買値は3万程度のもので大したものではなかったので売れるとも思ってなかった。

質屋に向かう最中の私の頭の中は消しゴムが働いていた。

まるで元カノとの日々を消すかのように一歩一歩質屋に近づいていく。

 

買取価格は150円だ。

ビールを買うことすらできない。

きっと、お前の人生には、発泡酒がお似合いだというメッセージなのだ。

 

 

 

アイスクリームが歯にしみる。あゝ知覚過敏。

MOYAMOYA

すごくもやもやする

心がもやもやする、気持ちが悪い

他のことをして、気を紛らわそうとするもなにをしていいかわからない

 

もやもやしている気持ち

嫉妬、劣等感、妬み、、、、

負の感情の船上パーティー

最高だね

乾杯はスパークリングワインで

 

パワプロくんは少し気を紛らわしてくれる

選手を育て、試合をして、また選手を育て

終わりなき向上心が時間を浪費させる

 

スケートボードでプロになりたいな

お金ほしい

切実におかねほしい

 

今この瞬間にお金欲しいって思っている人は何万人いるのだろうか

いや、ドルも含めたら何億人いるのだろうか

無力

何もしたくない時

それは突然に私を襲う

勉強しなきゃいけない、やらなきゃいけないことがあるのに

どうしてもやれなくなる時が来る

 

こんな時どうしたらいいのだろうか

どうしたらやる気が起きるのかな

 

美味しいご飯食べたいな

パスタ食べたい

 

誰か教えてよ

教えてよ

高校選びをするあなたへ

高校は一生付き合う友だちができるなんて言いますが、そんなことはありません

人それぞれです

友達なんていつだってできる、その人自身が作ろうとさえすれば

 

選び方は人それぞれだろう

制服が可愛いから、偏差値が高いから、友達が行くから、

家から近いから、可愛い先輩が多いから、立地が良いから

それぞれよく分かる

 

どれもその人にとって大事なことなのだから別に順位などをつけるつもりはない

 

高校を選ぶ上で一番大事なのは自分で選ぶこと

人の意見を参考にするのはいい、だけどその意見に流されてはいけない

自分で見て、考えて、相談して、選ぶ。

自分で選ぶということがいかに大切か

人に選んでもらうと、何かと気に入らないことがあったときに人のせいにしようとする

責任転換は生産性のかけらもない

自分で選ぶからこそ自分に責任がある、これこそが大事なのだ

 

後悔することや、たらればはあるだろう

しかし、次に来る選択に備えて、選ぶということにすごく重きを置く

選択という行為が得意になる、好きになるというわけじゃないけど、、、

 

結局何が言いたいかというと、自分の人生なのだから自分で決めて歩んでいってほしい

 

若者の未来に幸あれ

 

筆者もまだ生粋の若者である。

時間の使い方

1日は24時間

それはみんな同じ

時間という枠に囚われながら人は生きている

その枠の中でしか人は生きられないのである

 

だから今日も私は水を飲む

 

生きるのって大変

この前トイレでふと足の親指を動かしてみた

なぜかわからないけど動かしてみた

 

すごく生きた心地がした

おれは今生きているんだ、足の親指自分で動かしたんだYATTA!

眼前にあるトイレットペーパーは生きていない、自分で動けない

おれはトイレットペーパーに勝った気がした、勝ち誇りながら紙を手で巻いた

 

水を流した瞬間ふと我に返り、なぜおれはこの紙くずと張り合っていたのだろうと考える、、、、

 

生きるって大変だな。